Alternative Humanities -paranoid void 1st single "01" Release Party- @心斎橋Conpass

2019年5月6日、ゴールデンウィークの最終日、心斎橋Conpassでは大阪を拠点に活動する女性3人組によるマスロックバンド、paranoid voidの1stシングル”01”のリリースパーティーが行われていた。本公演は京都のHeavy Ensemble of Kyoto、東京のotori、大阪のDeck Eといった個性的な面々が出演。各々の世界観を楽しめる最高の夜であった。


定刻通りの17:00にHeavy Ensemble of Kyotoの演奏がスタート。ディジリデゥ、ドラム、サックスの三人の掛け合いから始まり、そのアンサンブルの中にコンタクトジャグラーが加わり、ステージ上に映し出されたサイケデリックなVJも相まって観客の目を釘づけにしていた。そのイントロダクションのインパクトにより、会場全体を独自の無国籍それでいて官能的な世界観に引き込み、さらに次の曲では客席後ろからベリーダンサーが登場。会場全体をステージとするパフォーマンスはまさに圧巻の一言であった。オーガニックなサウンドに加え、リアルタイムで編集された映像やダンスなど視覚でも楽しませてくれる、まさに最高のエンターテイメントであった。


サウンドチェックから機械的で体に突き刺さるような鋭いサウンドが印象的だったotori。ループされるベースライン、曲をリードするドラム、その上を機械的で数学的なギターと無機質なボーカルが重なる、どことなく『静』な空気感の曲から始まり、間髪入れずに前の曲とは対照的に『動』な空気感で、リズミカルなフレージングに歯切れのいいサウンドが印象的な楽曲がスタート。その個性的なサウンドだけでなく、曲ごとに統一された照明でも独自の世界観を演出していた。変拍子ながらも数学的な楽曲達に観客も自然と体を揺らし、otoriの世界観に浸っていた。


互いに向き合うように楽器を配置し、デジタルなシンセにベースとドラムの生演奏をミックスしたサウンドで、一際異彩を放っていたDeck E。テクノ的な楽曲にベースとドラムを重ねていくといったDJ的なアプローチを見せつつ、無機質なサウンドにオーガニックな生楽器が入ることによるグルーヴの化学反応を楽しませてくれるライブであった。当日はスペシャルゲストとしてサックスプレーヤーの清水玲奈さんが参加することにより、サウンドはより有機的に、よりダンスミュージック感が増し、踊らずにはいられない心にしてくれた。曲間のタイトさも印象的で、まるでフルセットが一つの曲であったかのような錯覚に陥るようなショウだった。


ゆらりと始まったのは当日の主役、paranoid void。美しいベースラインから始まり、グルーヴィーに展開していき、ゆらゆらと揺れるように変化していくように幕を開けた。そこから間髪入れずに始まったのは、対照的に攻撃的で鋭いリフでが印象的な一曲。幻想的な照明とも相まってparanoid void独特の空気感に会場を包み込んでいた。MCを挟み、新曲を披露。青色に包まれたステージ、美しいユニゾンから始まり、グルーヴィーに展開していく曲で注目を集めていた。続いても新曲、ミニマルな楽曲で、フレーズが繰り返され、変化していきシンメトリカルに収束していくような楽曲であった。


Photo


0回の閲覧

BRUSH  UP MEMBER

月額有料会員

オリジナルコンテンツ見放題 / オンライサロンの受講 / 特別クーポンの贈呈 などなど豊富なサービスが充実!

あなたもブラメンに加入して 一緒に未来のアーティストを応援しましょう!

¥1000